著者

平野 啓一郎 (ひらの けいいちろう)
1975年愛知県生まれ。北九州市で育つ。京都大学法学部卒。大学在学中に文芸誌「新潮」に投稿した『日蝕』により第120回芥川賞を受賞。以後、数々の作品を発表し、各国で翻訳紹介されている。著書は『一月物語』、『葬送』、『滴り落ちる時計たちの波紋』、『決壊』 (芸術選奨文部科学大臣新人賞)、『ドーン』 (ドゥマゴ文学賞)、『空白を満たしなさい』、『モノローグ(エッセイ集)』、『ディアローグ(対談集)』 、新書『本の読み方―スローリーディングの実践』 、『私とは何か 「個人」から「分人」へ』 など。

書籍情報

  • 出版社:講談社
  • 定価:950円
  • 出版日:2019年7月16日